久々の更新があれってなんやねーん!

はい切り替えよう!

マイメロディの星と花の伝説

ピューロランド

Hippity Hoppity Springtime

Hippity Hoppity Springtime

あげてなかったグリまとめ!
後半はズンのターン!
ミキさん萌えぶれしてる

独り言。

いつしか人は憧れを抱いていたキラキラな世界に慣れてしまうと、さもそれが当たり前かのように日常に溶け込み始めそれが良いことか悪いことか、自分の中でキラキラな世界が、いつでも手が届くそんな気軽な世界になってしまっていた。

私がそこの住人になるほんの少し前の私はそのキラキラな夢と魔法に包まれた魅惑な国に、こんな私がこの国に訪れていいものかといつも心に大きなトキメキと冒険心をもって王国への入り口を歩いていた。

家族に囲まれいつもの日常なんて忘れ
ただただみんな笑顔で楽しく一日を過ごすのだ。お母さんと一緒に甘いものを食べてただただ美味しいね。って楽しいね。ってお話しして、お父さんが張り切ってファストパスを取ってきてくれて、次は何に乗る?一日で何個のれるかな?なんて子供のようにはしゃいでて、私はただただ幸福感につつまれ、いつまでもこの国にいたいような気持ちでいっぱいだった。

帰る時に絶対この言葉を言うの。
お母さんとお父さんの手を握りながら。

『また一緒にこようね。』

そう言って大切な思い出を胸いっぱいに受け止めて家に帰っていたあの時。

今はどうだろう?
夢の世界の住人になってから
キラキラな世界がいつでも手が届く
当たり前の世界になってしまった。

大人になって目に入ってきたものは
キラキラな世界ではなく、
ただただ、戦争だった。

今の子どもにはどのように写って
いるのだろう。

大きな大人達の戦い。

それは子ども達の目にはどのように
写って心の中で受け止めて
いるのだろう。

スプリングタイム・サプライズ